no-image

口コミや評判の多い転職エージェントのDODA(インテリジェンス)ってどうなの?現役外資系コンサルタントが実際に登録してみた

こんばんは!現役外資系コンサルタントの謙介です。

転職エージェントって、世の中にたくさんありますよね。私も既に2回程転職していますが(外資金融→外資ベンチャー→外資コンサル)、正直、どの転職エージェントを使えば良いの?』って全然分からないですよね。

私も分かりませんでした。

『オススメ 転職エージェント』とググッてみても、提灯記事やアフィ目的っぽいサイトも多いし、それっぽいブログがあっても、一体誰が書いているの不明だったりと、情報の信憑性も『?』です。

手前味噌で恐縮ですが、私は自分で転職を2回しているのと、内資・外資20社を超える転職エージェントに登録し、のべ40人以上のヘッドハンターともお会いしました。

転職をしたことがない人が口コミの寄せ集めを基に転職エージェントを語るのはナンセンスだと個人的には思っているので、この記事では客観的なデータ私個人の実体験を軸に記事を書いています。また、転職エージェントを論評する際は必ず自分で登録し、担当者と面談をしてから評論をするようにしています。

こんな事を言うと会社からぶちのめされそうですが、実際に転職も検討しているので(笑)、自分の転職活動を基にした実体験を綴っています。

今回も、実際にDODAに登録し、担当者と面談をしてきました。詳しくはページ下部で。

1. DODAが向くのって、どういう人?

結論から言うと、DODAを使うのに適しているのは、下記の方々です。

  • とにかく求人量を求めたい人
  • 網羅的に、様々な業種を広く浅く検討したい人

DODAの圧倒的な価値は、その求人量の多さです。公式サイトによれば、100,000件を超す求人量、また80,000件以上が非公開求人ですから、この規模は最大手のリクルートエージェントと肩を並べる規模です。

転職エージェント業界は、求人量においては『リクルートエージェント』と『DODA』の二枚看板で成り立っていると言えるでしょう。

特にやりたい事が決まっていなかったり、はじめての転職の方、また幅広く業種や業界を検討されたい方は、とりあえず『量』を確保している点でDODAをオススメします。

2. DODAの基本情報

2-1. DODAの会社情報

まず、DODAの基本情報です。

会社名 公開求人数 非公開求人数 本社所在地 従業員数
インテリジェンス 16万件以上  135,264件 〒100-6328
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F・28F
5,166名

出典: インテリジェンスの公式ウェブサイトを基に筆者作成 (2017/4/7時点)

具体的な数字は公開求人数は公式ウェブサイトには書かれていないようですが、2017年4月8日時点では非公開求人数は135,264件です。

出典:各社公式ウェブサイトおよび『転職活動の歩き方』のデータを基に筆者作成

リクルートに僅差で求人数は負けますが、それでもトップ2社が独占している状態ですね。

2-2. DODAの紹介実績企業一覧

出典:DODA公式ウェブサイトより抜粋

コンサルティング、IT、製造、物流、広告、不動産、建設など、様々な業界のビッグネームに紹介実績あり。ここらへんはさすがと言わざるを得ません。

3. DODAの特徴

ここのセクションでは、DODAの特徴を紹介します。

3-1. 2人のプロによる転職サポート

出典:DODAのエージェントインタビューを基に筆者が作成

DODAの特徴として、『キャリアアドバイザー』『採用プロジェクト担当部隊』に分かれている点が挙げられます

キャリアアドバイザーが、『キャリアカウンセリングや,中長期的なキャリアプランをコンサルティング』するのに対して、採用プロジェクト担当は『担当企業の採用計画や、求める人物像を深く理解するプロフェッショナル』です。

つまり、企業に詳しいプロフェッショナルと、キャリアのアドバイスをするアドバイザーを『分業制』にすることで、効率的に情報が行き渡る仕組みになっています。

4. DODAの評価

で、実際のところDODA(インテリジェンス)ってどうなのよ?という疑問が当然湧きますよね。

結論から言うと、インテリジェンスは『とにかく求人量を多く求める人には適している転職エージェント』だと僕は思います。下記に、私が考えるリクルートエージェントの評価を記しています。

項目 評価(5段階中) 星の数
エージェントの質 ★★★★☆ 4
サポートの質(履歴書の書き方指導など) ★★★☆☆ 3
求人の質 ★★★★☆ 4
求人の多さ ★★★★★ 5
独自・非公開求人の量 ★★★★★ 5
総評価  ★★★☆☆  4.2

4-1. DODAを使うメリット

  • 豊富な求人量
  • 大手が一通り揃っている
  • キャリアアドバイザーの対応は大企業らしく、しっかりしている
  • ウェブサイトが使いやすい

メリットに関しては、一番分かりやすいメリットとして業界No.2の求人量の多さ、でしょうか。記事の上部を見て頂ければ分かるように、各業界の有名どころと取引実績もあるので、大手を狙いたい人や様々な業種・業界を検討したい人にはとてもオススメの転職エージェントと言えます。

また、私は結構重視するポイントなのですが、ウェブサイトが使いやすく、使うユーザーのことを考えているな、というのが伝わってくるUI(ユーザーインターフェース)です。

↑上記を見て頂ければ分かるように、リクルートエージェントのトップページは文字がビッシリで読みにくいですが、DODAの方は視覚的に非常に分かりやすいです。

ちなみに、本記事の下部に、キャリアカウンセラーの方とのインタビュー録も掲載しておりますので、ご確認ください。

4-2.DODAを使うデメリット

  • 専門性という点では、中小の転職エージェントに劣る
  • リクルートエージェントの『二番煎じ感』が払拭できない

これは、DODAに限った話ではありませんが、大手エージェントは量や網羅性で『広く浅く』勝負する傾向にあるので、特定の業種や業界にそこまで深い知見があるわけではありません

なので、特定企業の情報や実態、人事とのコネクションといった強みは期待できないでしょう。こういった点から、大手転職エージェント + 中小の専門型転職エージェントと併用することで、互いの『弱み』をカバーするのが賢い活用法と言えます。

また、転職エージェントとしては圧倒的な求人量を誇るリクルートエージェントと比べると、これといった差別化の要因もないため、どうしても『二番手』としての印象が強くなります。

5. DODAのキャリアカウンセリング(面談)を電話越しで行いました

本当はオフィスに行きたかったのですが、いきなり担当者から電話がかかってきて面談開始・・(汗)。
いきなり電話してくるのって、結構迷惑なので実はやめてほしいのですが・・・。

まぁそれはともかく、気を取り直して電話面談。今回は、ハキハキとした口調で話す、Nさん(男性)にご対応いただきました。

Q.御社の強みってなんでしょうか?
A. 弊社は総合系の転職エージェントですので、業界・業種問わず求人数は圧倒的です。企業様からはバルクで多くの人を紹介してほしい、というニーズもございますので、求職者の数を確保できる点から、弊社のみと取引をさせて頂いている企業様も多くいらっしゃいます。

Q. 御社の弱みはなんでしょうか?

A. 総合系の転職エージェントの弱みとして『専門性に欠ける』という点はありますね。例えば中小の転職エージェントさんですと、人事と強いパイプラインを持っていたり、特定の企業にすごく詳しい、というケースもあるようですが、弊社は個別の企業を深堀りするというよりは、どちらかと言えば『広く浅く』紹介させて頂くタイプのビジネスとなります。

Q. Nさんはどこの業界を担当されているのですか?

業界別、というより、私はハイキャリア層の方を担当させて頂いています。つまり、年収がある一定レンジ以上の方を担当させて頂いています(筆者コメント:なるほど、年収で区切って担当者を当ててるのですね・・。)

■感想

Nさんは、非常にハキハキとした対応で、ビジネスマンとしては優秀なのだろうとは思いましたが、対応が少し事務的な印象を受けました。具体的には、『サッサと早く済ませて次の人に電話かけてーな』的な雰囲気が伝わってきました。転職を経験している人や、ある程度自分で主体的に話せる人は良いのでしょうが、転職がはじめての人などにとってはもしかしたらちょっと冷たく感じてしまう・・かもしれません。

6.内部口コミや評判275件に目を通しました

内部の口コミサイトVorkersや口コミサイトで、インテリジェンスの口コミや評判に目を通しました。やはり、転職エージェントを正しく理解したいのであれば、中にいる内部の社員の評価や意見も十分に鑑みないといけないですね。

何点か面白いコメントを意訳します。

  • アルバイト、派遣、正社員と、人材採用に関するビジネスをほぼ全般的に揃えている点で強い
  • どうあがいてもリクルートに勝てない
  • 社員の育成に問題あり。特に若手が多いため、育成が問題となっている。
  • データ量、システムレベルでリクルートに差をつけられている
  • 入社3年目以下の社員が50%を占めている

全体的に、『リクルートには勝てない』『若手が多く、それが裏目に出ることがある』という意見が目立ちました。中の社員の方は、リクルートにはやはり負ける、と考えているようですね・・。電通と博報堂のような関係なのでしょうか。

7.  まとめ

最後に、復唱とはなりますが、DODAはこういった方に向いています。
よくご検討頂き、皆様の転職活動にご活用頂ければと思います。

  • とにかく求人量を求めたい人
  • 網羅的に、様々な業種を広く浅く検討したい人