no-image

口コミや評判の多い転職エージェントのJACリクルートメントってどうなの?現役外資系コンサルタントが実際に登録してみた

こんばんは!現役外資系コンサルタントの謙介です。

転職エージェントって、世の中にたくさんありますよね。私も既に2回程転職していますが(外資金融→外資ベンチャー→外資コンサル)、正直、どの転職エージェントを使えば良いの?』って全然分からないですよね。

私も分かりませんでした。

『オススメ 転職エージェント』とググッてみても、提灯記事やアフィ目的っぽいサイトも多いし、それっぽいブログがあっても、一体誰が書いているの不明だったりと、情報の信憑性も『?』です。

手前味噌で恐縮ですが、私は自分で転職を2回しているのと、内資・外資20社を超える転職エージェントに登録し、のべ40人以上のヘッドハンターともお会いしました。

転職をしたことがない人が口コミの寄せ集めを基に転職エージェントを語るのはナンセンスだと個人的には思っているので、この記事では客観的なデータと私個人の実体験を軸に記事を書いています。また、転職エージェントを論評する際は必ず自分で登録し、担当者と面談をしてから評論をするようにしています。

こんな事を言うと会社からぶちのめされそうですが、実際に転職も検討しているので(笑)、自分の転職活動を基にした実体験を綴っています。

今回も、実際に『JACリクルートメント』に登録し、担当者と面談をしてきました。詳しくはページ下部で。

1. ルートメントJACリクルートメントが向くのって、どういう人?

結論から言うと、マイナビエージェントを使うのに適しているのは、下記の方々です。

  • 外資系・ハイキャリアを狙いたい人
  • 海外駐在案件、日系企業でも海外とのやり取りが頻繁にある職を狙いたい人
  • プライドが高くない人・多少ドライな対応をされても平気な人

非常にシンプルですね。

日系の転職エージェントで、大手かつ外資系企業と強いパイプラインを持っているといったらJACリクルートメントです。外資系を取り扱っているという意味では、他にアデコさんなどもいますが、求人数では劣りますし、BizReachは有料です。外資を狙うならとりあえず無難にJACリクルートメントに登録し、合わなかったら他を選択する、という流れが良いかと思います。正直、担当者には当たり外れが多く、ウザい担当者も多い(笑)ので、神経が図太かったりプライドが高くない人の方が向くかもしれません。

2. JACリクルートメントの基本情報

2-1. JACリクルートメントの会社情報

まず、JACリクルートメントの基本情報です。

会社名 公開求人数 非公開求人数 本社所在地 従業員数
JAC
リクルートメント
不明 不明 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町
三井ビルディング14階
約550名

出典: InterGearSolutionのサイトの情報、JACリクルートメントの公式サイトの情報を基に筆者作成

JACリクルートメントは、日本人の夫婦によってイギリスで設立された転職エージェントです(外資系ではなく、日系企業です)。
JACリクルートメントに関しては、求人数などは公開されていませんが、従業員数(キャリアエージェント数)が550人しかいない事からも、その数は決して多くはないと類推できます。後述しますが、私が電話インタビューを受けた際は、『JACリクルートメントは量ではなく質で勝負する』という回答でした。

2-2. JACリクルートメントの紹介実績企業一覧

出典:マイナビ公式ウェブサイトより抜粋

紹介の実績という観点からで言うと、やはり他の転職エージェントにはない企業を多く揃えています。DysonやKellogg、Pfizerといった大手のサイトって他の転職エージェントではあまりみない求人です。

3. JACリクルートメントの評価

で、実際のところ『JACリクルートメント』ってどうなのよ?という疑問が当然湧きますよね。

結論から言うとJACリクルートメントは『とにかく外資系案件を狙いたい・英語を使う案件・ハイキャリア案件を目指したい人』には最適な転職エージェントだと思います。下記に、私が考えるJACリクルートメントの評価を記しています。

項目 評価(5段階中) 星の数
エージェントの質 ★☆☆☆☆ 1
サポートの質(履歴書の書き方指導など) ★☆☆☆☆ 1
求人の質 ★★★★★ 5
求人の多さ ★★☆☆☆ 2
独自・非公開求人の量 ★★★★☆ 2
総評価  ★★★☆☆  2.2

4-1. JACリクルートメントを使うメリット

  • 外資系の独自求人が多い
  • 『量より質』を重視しているだけあり、良質な求人が多い
  • 海外駐在・海外展開系に強い

なるほど量より質を重視しているだけあり、それなりに良い求人は揃えているように思います。外資系企業に突出して強く、外資系を志す人ならばJACリクルートメントに登録しておいて損はないでしょう。

4-2.JACリクルートメントを使うデメリット

  • 担当者が感じ悪い
  • 徹底的な営利主義で、『金にならない』と思われたら対応が冷たい

大手の転職サイトの中で比較すると、担当者の方の対応が一番『冷たいな』と思わせる対応でした。また、担当者の連絡も途中で途絶えたり、と、良くも悪くも外資系っぽい転職エージェントだな、と思いました。

5. JACのキャリアカウンセリング(面談)をしてきました

2017年4月に、JACリクルートメントの電話面談を受けました。他の転職エージェントと違って、いきなり対面面接ではなく、まずは電話で小手調べをするスタイルっぽいです。下記に、インタビュー録を記載します。

Q.御社の強みってなんでしょうか?
A. イギリスで誕生した会社、ということもあり、外資系には特に強いです。また、求職者の方がリストの中から会社を選択するスタイルではないので、企業様のプライバシーは確保しています。求職者の中で、合いそうなキャンディデートにだけ求人情報を送るようにしています。それ故、『JACリクルートメントさんにだけお願いしたい』という企業様も多くいらっしゃいます。『量』よりかは『質』を圧倒的に大切にしますね。

Q. 御社の弱みはなんでしょうか?

A. 最大手のリクルートやDODAさんに比べたら、求人数は劣りますね。『量よりも質』を重視しておりますので。

※なんか結構冷たい雰囲気ですぐに電話を切られてしまった

■感想

面接をしてくださったOさんは、正直非常に感じの悪い方でした(笑)。他の転職エージェントさんと比べても、ダントツに対応が悪かったような気がしています。もちろん、担当者の当たり外れはあるのでしょうが、対応がやたらドライというか上から目線だな、という印象を受けました。例えば、残業時間の希望は月40時間です、と伝えたら、『大分短いですね・・(溜息)』のような対応をされて、正直驚きました。まぁ、引いたカードが悪かったと割り切っていますが・・。

6.内部口コミや評判97件に目を通しました

内部の口コミサイトのVorkersで、JACリクルートメントの口コミや評判に目を通しました。やはり、転職エージェントを正しく理解したいのであれば、中にいる内部の社員の評価や意見も十分に鑑みないといけないですね。何点か面白いコメントを意訳します。

  • 数字が全てと言って良い雰囲気
  • 社風としては体育会

他の会社と比べて、『体育会』や『KPIに厳しい』などの意見がよく目立ちます。やはり、社員は厳しい営業ノルマにさらされているのですね・・。見込みがないと思ったら、速攻でシカト対応をする、というのもなんとなく頷けます。

7.  まとめ

最後に、復唱とはなりますが、『JACリクルートメント』はこういった方に向いています。
よくご検討頂き、皆様の転職活動にご活用頂ければと思います。

  • 外資系・ハイキャリアを狙いたい人
  • 海外駐在案件、日系企業でも海外とのやり取りが頻繁にある職を狙いたい人
  • プライドが高くない人・多少ドライな対応をされても平気な人