no-image

口コミや評判の多い転職エージェントのマイナビエージェントってどうなの?現役外資系コンサルタントが実際に登録してみた

こんばんは!現役外資系コンサルタントの謙介です。

転職エージェントって、世の中にたくさんありますよね。私も既に2回程転職していますが(外資金融→外資ベンチャー→外資コンサル)、正直、どの転職エージェントを使えば良いの?』って全然分からないですよね。

私も分かりませんでした。

『オススメ 転職エージェント』とググッてみても、提灯記事やアフィ目的っぽいサイトも多いし、それっぽいブログがあっても、一体誰が書いているの不明だったりと、情報の信憑性も『?』です。

手前味噌で恐縮ですが、私は自分で転職を2回しているのと、内資・外資20社を超える転職エージェントに登録し、のべ40人以上のヘッドハンターともお会いしました。

転職をしたことがない人が口コミの寄せ集めを基に転職エージェントを語るのはナンセンスだと個人的には思っているので、この記事では客観的なデータ私個人の実体験を軸に記事を書いています。また、転職エージェントを論評する際は必ず自分で登録し、担当者と面談をしてから評論をするようにしています。

こんな事を言うと会社からぶちのめされそうですが、実際に転職も検討しているので(笑)、自分の転職活動を基にした実体験を綴っています。

今回も、実際にマイナビエージェントに登録し、担当者と面談をしてきました。詳しくはページ下部で。

1. マイナビエージェントが向くのって、どういう人?

結論から言うと、『マイナビエージェント』を使うのに適しているのは、下記の方々です。

  • ゆっくりと、長期的に転職活動をしたい人
  • 転職を急いでない人
  • しつこい求人の押し売りを受けたくない人

マイナビエージェントは、私が体験した中では1位、2位を争うレベルで良い転職エージェントでした。純粋に、自分のキャリアを相談する相手としてはダントツに良かったのと、転職エージェントの中で唯一、テンプレ対応ではなく、個別に作りこまれたメールが来ました。

これは純粋に嬉しかったです(ページ下部で紹介します)

マイナビは、転職エージェントの中で特段大きい方ではないので、どうしても求人の『数』ではリクルートやDODAに劣ります。それゆえ、『回転数』や『効率性』ではなく、泥臭くとも『エージェントのサービスの質』で勝負しています(インタビュー談)。

なので、会社全体としては、対応はあまりガツガツしておらず、どちらかというと草食なイメージを受けます。

『リクルートの激しいスパム攻撃に疲れたからマイナビに来た』という方もいるくらいなそうで、マイナビエージェントは、どちらかと言うと『転職に焦ってないけど、中長期的に良いところがあったから検討したい』という方には向いているかもしれませんね。

逆に言うと、今すぐ転職したい!という方はリクルートやDODAを検討されると良いかもしれません。

2. マイナビエージェントの基本情報

2-1. マイナビエージェントの会社情報

まず、『マイナビエージェント』の基本情報です。

会社名 公開求人数 非公開求人数 本社所在地 従業員数
マイナビ 11,738件 未公開 東京都千代田区一ツ橋
一丁目1番1号
約5,900名

出典: InterGearSolutionのサイトの情報、マイナビ公式サイトの情報を基に筆者作成

※従業員数は親会社のマイナビグループ全体で、マイナビエージェントの数ではありません。

出典:各社公式ウェブサイトおよび『転職活動の歩き方』のデータを基に筆者作成

やはり求人数では、マイナビエージェントは他のビッグプレイヤーに劣ってしまいます。リクルートエージェントやDODAの2強と比べると、求人数は10分の1以下です・・。

2-2. マイナビエージェントの紹介実績企業一覧

出典:マイナビ公式ウェブサイトより抜粋

求人の量は少ないと言えど、マイナビも大手なので、有名企業への紹介実績は十分にあります。

3. マイナビエージェントの特徴

ここのセクションでは、マイナビエージェントの特徴を紹介します。

3-1. 2人のプロによる転職サポート

出典:マイナビエージェントのパンフレット情報を基に筆者が作成

マイナビエージェントの特徴として、『キャリアアドバイザー』『採用プロジェクト担当部隊』に分かれている点が挙げられます。キャリアアドバイザーが、『キャリアカウンセリングや、中長期的なキャリアプランをコンサルティング』するのに対して、採用プロジェクト担当は『担当企業の採用計画や、求める人物像を深く理解するプロフェッショナル』です。

つまり、企業に詳しいプロフェッショナルと、キャリアのアドバイスをするアドバイザーを『分業制』にすることで、効率的に情報が行き渡る仕組みになっています。大手のエージェントさんは、大体この仕組みをですね。

4. マイナビエージェントの評価

で、実際のところマイナビエージェントってどうなのよ?という疑問が当然湧きますよね。

結論から言うと、マイナビエージェントは『中長期的に、長い視野で転職活動を検討したい人』には最適な転職エージェントだと思います。下記に、私が考えるマイナビエージェントの評価を記しています。

項目 評価(5段階中) 星の数
エージェントの質 ★★★★★ 5
サポートの質(履歴書の書き方指導など) ★★★★☆ 4
求人の質 ★★★★☆ 4
求人の多さ ★★☆☆☆ 2
独自・非公開求人の量 ★★☆☆☆ 2
総評価  ★★★☆☆  3.4

4-1. マイナビエージェントを使うメリット

  • キャリアアドバイザーの対応が丁寧・アドバイスが的確
  • 最大手の転職エージェントに比べると、急かしてくることもなく、安心して転職活動に臨める
  • 大手な割に対応が『アナログ』で、一人一人のキャリアアドバイザーが幅広く様々な業種や企業を見る

『求職者の数が欲しければリクルート、求職者の質が欲しければマイナビ』と企業から言われる事もあるそうで、とにかく人を紹介する『数撃ちゃ戦法』ではなく、じっくりと求職者と話して、丁寧に転職サポートをしてくれるという観点から、私は非常に良い転職エージェントだなと感じました。

ネット上の口コミを見ると、対応エージェントの当たり外れが激しいとの事ですが、私の担当者は圧倒的に良い人でした。また、マイナビはリクルートなどと比べて激しいノルマがある体育会系の会社ではないので、対応エージェントが成約率を稼ぐためにひたすら求人を紹介してくる・・という事も少ないです。

少なくとも、私の担当者からは、今日に至るまでスパム的に求人が送られてくることはありません。

私を担当してくださった、キャリアアドバイザーのAさんから来たメールです!

4-2.マイナビエージェントを使うデメリット

  • 大手の中では求人数が少ない
  • ベテラン層が薄いため、ハイキャリア層やエグゼキュティブ層には向かない

残念ながら、大手転職エージェントの中では求人数は圧倒的に少なく、その規模はリクルートエージェントやDODAの1/10以下だったりします・・・。数の面ではもうこれは勝負になりませんので、求人数をとにかく確保したい方はリクルートかDODAのどちらかを利用しましょう。

また、マイナビは比較的若めの転職エージェントが多いので、ハイクラス求人や、幹部などのエグゼキュティブ層に対してはあまり馴染みがなく、これらの層に該当する方はBizReachを使うことをオススメいたします。

5. マイナビのキャリアカウンセリング(面談)に行ってきました

2017年4月に、マイナビエージェントさんのキャリアカウンセリングに行ってまいりました!私を担当してくださったのは、40代近い男性のAさんでした。すごくフランクな感じの方で、新橋の居酒屋とかにいそうな感じの方でした(良い意味で)。一通り自己紹介などをした後は、ずばりいつもの質問を聞いてみました。

マイナビエージェントの面接所は京橋にありました。この写真はロビーの前で撮りました。

応接室の中。

Q.御社の強みってなんでしょうか?
A. 大手だけどアナログ、という点でしょうか。アナログというのは、一人一人の転職エージェントが、泥臭くともちゃんと求職者を見る、という点です。リクルートエージェントさんやDODAさんは、全てシステムで自動化されているため、自動で求人情報などがバンバン飛んだりします。その方が効率的だからです。そういった意味では、私達の差別化の要因としては、効率性などを多少犠牲にしてでも、丁寧な応対をしていること』です。中には、リクルートのメール攻撃に疲れた、もうちょっとゆっくりやりたいからマイナビを選んだ、というお客様もいらっしゃいます。

Q. 御社の弱みはなんでしょうか?

A. やはり、リクルートやDODAに比べたら量は劣りますね。それに伴い、登録されている求職者の数も少ないかと思います。また、キャリアアドバイザーの数も少ないですね・・。IT業界だけを見ても、弊社は20人未満しかいませんが、リクルートは100人近くいると聞いています。

また、弊社はハイキャリア・ハイスペック層・エグゼキュティブ層には弱いですね。若手が多いので、苦手意識があるというか、正直馴染みは薄いですね。

Q. Nさんはどこの業界を担当されているのですか?

私は、元々ヘッドハンターを長年やっておりましたので、ハイキャリア・ハイスペック層を担当させて頂いております。

Q. ご自身が転職された時は、どのエージェントを使われたんですか?転職経験ありますか?

はい、5回程転職しております(笑)最後に転職したのは10年程前で、転職エージェントは使いませんでした。当時はそもそも転職エージェントが少なかったからですね。ちなみに、私は元々はサムソンや東芝を担当しているヘッドハンターでした。当時は、これらの会社に片っ端から電話して、電話に出た人を引き抜いたりしていました(笑)もちろん、大手ではコンプライアンスなどうるさいので、こういったことはもうしていません。

■感想

Aさんは、お人柄が良いのはもちろんですが、キャリアガイダンスが的確なのと、自分に合った求人を丁寧に選んでくれる方でした。ここらへんは、やはり経験の差から来るのでしょうか?(ちなみに、他の記事を読んで頂ければ分かるかと思いますが、キャリアアドバイザーの平均は大体20代後半~30代前半くらいです)。

私に対して、例えば経営の感覚を磨きたいならポストM&A(企業買収成立後の統合プロセス)を検討されたらどうか、など、他のキャリアアドバイザーにはないアドバイスをくれたので、非常に有意義な時間を過ごせました。

6.内部口コミや評判275件に目を通しました

内部の口コミサイトのVorkersで、マイナビエージェントの口コミや評判に目を通しました。やはり、転職エージェントを正しく理解したいのであれば、中にいる内部の社員の評価や意見も十分に鑑みないといけないですね。何点か面白いコメントを意訳します。

  • 新卒に関しては、リクルートの案件数を超えた
  • リクルートの二番煎じ感が抜けない

『リクルートにどうしても勝てない』系の意見が結構目立ちました。どこの転職エージェントに聞いてもそうですが、やはりリクルートは圧倒的な『巨人』として見られているようですね。

7.  まとめ

最後に、復唱とはなりますが、『マイナビエージェント』はこういった方に向いています。
よくご検討頂き、皆様の転職活動にご活用頂ければと思います。

  • ゆっくりと、長期的に転職活動をしたい人
  • 転職を急いでない人
  • しつこい求人の押し売りを受けたくない人