リクルートエージェントの評判ってどうなの?現役外資系コンサルタントが実際に登録してみた

こんばんは!現役外資系コンサルタントの謙介です。

転職エージェントって、世の中にたくさんありますよね。私も既に2回程転職していますが(外資金融→外資ベンチャー→外資コンサル)、正直、どの転職エージェントを使えば良いの?』って全然分からないですよね。

私も分かりませんでした。

『オススメ 転職エージェント』とググッてみても、提灯記事やアフィ目的っぽいサイトも多いし、それっぽいブログがあっても、一体誰が書いているの不明だったりと、情報の信憑性も『?』です。

手前味噌で恐縮ですが、私は自分で転職を2回しているのと、内資・外資20社を超える転職エージェントに登録し、のべ40人以上のヘッドハンターともお会いしました。

転職をしたことがない人がネット上の口コミの寄せ集めで転職エージェントを語るのは、個人的にはナンセンスだと思っているので、このページでは客観的なデータ私個人の実体験を軸に記事を書いています。また、転職エージェントを論評する際は必ず自分で登録し、担当者と面談をしてから評論をするようにしています。

こんな事を言うと会社からぶちのめされそうですが、実際に転職も検討しているので(笑)、自分の転職活動を基にした実体験を綴っています。

今回も、実際にリクルートエージェントに登録し、担当者と面談をしてきました。詳しくはページ下部で。

1. リクルートエージェントが向くのって、どういう人?

結論から言うと、リクルートエージェントを使うのに適しているのは、下記の方々です。

  • リクルートエージェントは、とにかくひたすら多くの求人を見て、じっくり決めたいという方にはベストな選択肢です。天下のリクルートグループなだけあり、日系の企業は大企業から中小企業までかなり多く揃ってます。また、丸の内の本社にて、無料で面接サポートや職務経歴書もほぼ毎日行っていますので、転職がはじめての方や、面接やコミュニケーションに不安な方もリクルートエージェントを活用されると良いでしょう。
  • 一方で、ハイクラスな求人や、外資系を狙いたいバリバリのキャリア志向の方には、残念ながらあまり向きません。外資系の求人の数は少なければ、そこまで質の高い求人も少ないな、というのが私の受けた印象でした。※ハイクラス求人や外資系を狙いたい方にはBizreachかJACリクルートメントが良いと個人的には考えています

2. リクルートエージェントの基本情報

まず、リクルートエージェントの基本情報です。

会社名 公開求人数 非公開求人数 本社所在地 紹介実績 従業員数
リクルート
エージェント
172,000 130,000+ 東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
37万8,000名 3341名(2016年4月1日時点)

出典:r-agent.com、『転職活動の歩き方』およびリクルートエージェントの冊子を基に筆者が作成

いわずと知れた、リクルートグループの一角です。グループ会社のリクルートキャリアでも従業員数が3,341と、大きめの企業と言えます。また、大手企業なだけあって、求人数/非公開求人数は抜群に多いです。紹介実績も37万8,000人と、他社の追随を許さないですね。

参考までに、下記に求人の数や、非公開求人の数を比較した表を作成してみました。

出典:『転職活動の歩き方』のデータを基に筆者作成

他の転職エージェントと比較してみると、やはり求人数・非公開求人数共に圧倒的ですね。

3. リクルートエージェントの特徴

ここのセクションでは、リクルートエージェントの特徴を2点紹介します。

3-1. キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーを分けている

リクルートエージェントの特徴として、『キャリアアドバイザー』『リクルーティングアドバイザー』を分けている点が大きな特徴と言えるでしょう。『CA(キャリアアドバイザー)』は求職者に付く専任の担当者で、『RA(リクルーティングアドバイザー)』が各業界に精通しているエキスパート達です。

つまり、専任の担当者が個別にそれぞれの企業を調べるのではなく、『業界に精通しているプロ』と『お世話をしてくれるアドバイザー』を『分業制』にすることで、効率的に情報を取得することができる仕組みです。下記にイメージ図を作成してみました。

出典:リクルートエージェントの冊子情報を基に筆者が作成

大手の転職エージェントは、上記のような形を取っている事が多いそうですね。

この仕組みは、『餅は餅屋』で業界のプロが専門性の高い情報を提供をしてくれたり、『企業からの紹介料目当てでキャリアアドバイザーが特定の企業を押し売りしてこない』というメリットがある一方で、リクルート内での連携が多く発生し、多少スピードを犠牲にするというデメリットがあります。

3-2. 面接力向上のセミナーを開催している

これは、まさに大手企業ならではの特典といえますが、転職支援サービスに申し込むと『面接力向上セミナー』に参加できます。

このセミナーのメリットとしては、

  • 面接官の立場をシミュレーション体験することで企業が求める人物像を把握できる
  • 面接官はどのポイントを重視し、どのようにチェックしているのか、などよくある不採用理由のポイントを整理できる

ことが特徴です。

転職が初めての方にとっては、非常に心強いサービスですね。

4. リクルートエージェントの評価

で、実際のところリクルートエージェントってどうなのよ?という疑問が当然湧きますよね。

結論から言うと、リクルートエージェントは『総合的に見て、非常にオススメできる転職エージェント』だと僕は思います。

下記に、私が考えるリクルートエージェントの評価を記しています。

項目 評価(5段階中) 星の数
エージェントの質 ★★★★☆ 4
サポートの質(履歴書の書き方指導など) ★★★★☆ 4
求人の質 ★★★☆☆ 3
求人の多さ ★★★★★ 5
独自・非公開求人の量 ★★★★★ 5
総評価  ★★★★☆  4.2

4-1. 総評

  • リクルートエージェントの圧倒的な付加価値は、求人数・転職者実績数の多さ。天下のリクルートグループなだけあり、圧倒的な実績
  • 一方で、数を優先するあまりブラック求人も多く紛れ込んでいる印象(ワ●ミの広告に似た求人も多い)
  • 対応してくれるエージェントが体育会な雰囲気。メールでの応対などは早く、丁寧に行ってくれる
  • 外資系やハイクラスの転職を狙う人には向かない
  • 『転職未経験者』や『サポートを多く必要とする方』にはオススメ

4-2. リクルートエージェントを使うメリット

  • 圧倒的な求人の多さ(業界1位)
  • 圧倒的な転職実績(業界1位)
  • 担当者の対応がしっかりしている
  • 無料で面接サポートなどを本社で行っている
  • 土日でもキャリアカウンセリングを行うことができる

言わずもがなですが、リクルートエージェントの圧倒的な強みはその求人数や非公開求人数の多さ、つまり『量』です。とにかく色々な求人を紹介してほしい、という方は間違いなくリクルートエージェントを活用すべきだと断言できます。

また、実際にキャリアカウンセリングを受けてみて思うのは、さすがリクルートグループの社員なだけあって、応対がしっかりしているな、という点です。

ネット上の口コミを見ていると、対応者によってレベルにバラつきがある、とったような意見もあるようですが、少なくとも私の担当者はしっかりされている方でした。組織が大きくなると、担当者間で多少レベルにバラつきが出てしまうのは仕方のない事かもしれませんね。

休日や祝日にも、キャリアカウンセリングの対応をしているのは忙しい社会人にとっては嬉しい限りです。私は実際に、祝日の夜に対面での面談を行って頂きました。

4-3. リクルートエージェントを使うデメリット

  • 『量』を確保している分、ブラックっぽい求人なども紛れ込んでいる(質を犠牲にしている)
  • 外資系の企業に弱い
  • 年収が高めの企業の取り揃えは少ない
  • コテコテの日本企業体質なので、柔軟性はあまりない印象

リクルートエージェントのデメリットとしては、『量』を優先するあまりブラックっぽい求人が紛れ込んでいる、といったところでしょうか。中にはバイトっぽい求人とか、『ここ、ブラックっぽいけど大丈夫かな・・』という企業さんもデータベースでは多く散見されるように思います。

また、これは担当者から直々に聞いた話ですが、外資系企業にはあまり強くなく、外資系企業とのパイプもそこまで強くないそうなので、外資系をメインで転職活動される方は他転職エージェントを検討されても良いかもしれません。

また、これは私の主観ですが、リクルートキャリアは規律や慣例を重んじる大企業らしい『硬派』の転職エージェントで、あまり柔軟性は望めないかな、と思いました。あくまで私が受けた印象です。

5. リクルートエージェントのキャリアカウンセリング(面談)に実際に行ってきました

実際にキャリアカウンセリングに行ってきた際のことに関しても、ちょっと触れようと思います。

今回担当だったのは女性エージェントのTさん。ハキハキと話す、優秀そうな方でした。年齢は、30歳手前くらいでしょうか。今回は、日曜日の19:00からにも関わらず、ご対応いただきました m(_ _)m

キャリアカウンセリングの流れとしては、自分の経歴や希望条件などに関して30分程話し、そこからはTさんの方で事前に準備頂いた求人票20~30個を個別に協議。さすが大企業というべきか、世界に名だたる企業も多く揃えていらっしゃいました。

・・・が、今回自分が希望している外資系企業の求人や、年収が高めの企業は少なく、日を改めてもう少し求人を探して頂く運びとなりました。

東京駅の八重洲口にある、グラントウキョウサウスタワーにリクルートグループは入っています。空に聳える摩天楼がカッコイイ・・。

カウンセリングの後に、書類一式をもらいました。転職活動の流れや、今回紹介された求人20~30枚、面接力向上セミナーの案内などが同封されています。

せっかくなので、ついでに色々と聞いてみました。

 

Q.御社の強みってなんでしょうか?

A. 求人の数は圧倒的に多いです。インテリジェンスさん(DODA)も近年追い上げて来ていますが、まだ弊社が首位を保てています。転職のお手伝いさせて頂いた方の数も多いので、企業毎の選考内容や、選考の際にポイントとなる情報やノウハウは多く蓄積されています。

また、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーが分かれているため(※ページ上部の図参照)、特定の企業に偏ることなく、公平な目で様々な企業を紹介できるのも弊社の強みと考えております。

『大手のどこか一社を選ぶならリクルートさんだよね』と言って頂ける企業様もいらっしゃいます。転職エージェントのビジネスは、エージェント間でそこまで大きな差はでません。なので、弊社は求人数の多さや、お手伝いさせて頂いた方の実績の多さ、それに伴うノウハウや知見の多さという点で一日の長があると考えています。

 

Q. 御社の弱みはなんでしょうか?

A. 正直に申し上げまして、外資系の企業は登録数がそこまで多くないですね。

 

Q. Tさんって転職経験ありますか?また、その際は、どちらの転職エージェントを使われたのでしょう?

A. 弊社(リクルートエージェント)とインテリジェンスを使いました(笑)。どちらからも内定を貰ったので、リクルートエージェントに行くことにしました。

 

Q. 転職市場って、今どうなんでしょう?市況感を教えてください。

A. 2016年からは売り手市場です。求人倍率も上がってきていますので、求人自体は市場に溢れかえってきている状態です。私は経済評論家ではないので、確定的事は申し上げられませんが、一般論として2020年の東京オリンピックに向けて、この傾向は続くものと言われています。また、世の中のデジタル化に伴い、デジタル系の求人は増えてきており、ここ1年や2年では縮小しないだろうとは言われています。

尚、ご参考までに、4-5月は新卒採用などの関係で企業はバタバタしていて、若干選考の足が遅くなることもあります(インタビューは2017年4月でした)。

ちなみに、私を担当したTさんの上長の方から後日連絡が来ており、『Tの対応はいかがでしたでしょうか?もし他に良い担当者がいれば変えますのでお申し付けください』とのメールを頂きました。大企業らしい、素晴らしい気遣いですね。

6.内部口コミや評判200件に目を通しました

内部口コミサイトのVorkersや口コミサイトでリクルートエージェントの口コミや評判に目を通しました。やはり、転職エージェントを正しく理解したいのであれば、中にいる内部の社員の評価や意見も十分に鑑みないといけないですね。何点か面白いコメントを意訳します。

  • 同業他社と比べて、総合力では勝るものの、部分部分では明確に負けてしまっている
  • ブラック企業に、与しやすいカスタマーを流し込んだ営業と、キャリアアドバイザーが売れる感じになっている側面もある
  • 中小エージェントなどが増えてきて、専門性を高められるとリクルートとしては脅威と感じる

※あくまで一部のコメントです

これは、何のビジネスをしていてもそうですが、転職エージェントは決して聖人君子ではありませんし、商売ですので、エージェントは正しく活用しつつも、しっかりと自分で何が正しいかは判断しましょう。

7.  まとめ

最後に、復唱とはなりますが、リクルートエージェントはこういった方に向いています。
よくご検討頂き、皆様の転職活動にご活用頂ければと思います。

  • リクルートエージェントは、とにかくひたすら多くの求人を見て、じっくり決めたいという方にはベストな選択肢です。天下のリクルートグループなだけあり、日系の企業は大企業から中小企業までかなり多く揃ってます。また、丸の内の本社にて、無料で面接サポートや職務経歴書もほぼ毎日行っていますので、転職がはじめての方や、面接やコミュニケーションに不安な方もリクルートエージェントを活用されると良いでしょう。
  • 一方で、ハイクラスな求人や、外資系を狙いたいバリバリのキャリア志向の方には、残念ながらあまり向きません。外資系の求人の数は少なければ、そこまで質の高い求人も少ないな、というのが私の受けた印象でした。※ハイクラス求人や外資系を狙いたい方にはBizreachかJACリクルートメントが良いと個人的には考えています

SNSでもご購読できます。