トランプの息子、イケメンすぎるバロン・トランプのWiki経歴などまとめてみた | 日本一のブログ

トランプの息子、イケメンすぎるバロン・トランプのWiki経歴などまとめてみた

トランプの息子

バロン・ウィリアム・トランプは、元モデルのメラニア・トランプとアメリカ合衆国大統領および不動産王のドナルド・トランプの息子です。

バロンは夫妻の唯一の子供であり、大統領の子供の中で唯一、ホワイトハウスに住んだ経験があります。

彼の母親であるメラニアはABCニュースに語ったところによると、息子のバロンは毎日スーツを着るのが好きで、「スウェットパンツをはく子供ではありません」と発言しています。

また、父親のドナルド・トランプと同様に、ゴルフが趣味というさすがセレブという感じです。

2024年、再び大統領選挙に出馬する父親と共に、成長した息子のバロン・トランプにも注目が集まっています。

この記事では、トランプの息子、イケメンすぎるバロン・トランプのWiki経歴などをまとめています。

バロン・トランプの幼少期

バロン・ウィリアム・トランプは2006年3月20日にニューヨーク市で生まれました。

その時の体重は8ポンド8オンス(およそ3855グラム)でした。

ドナルドは出産室に立ち会わないことを選択し、「メラニアにとっては、自分がそこにいない方が楽だろうから」と説明しました。

メラニアは後に、自身の8時間に及ぶ分娩が実際には「ものすごく簡単だった」と述べています。

「みんな完璧だよ。彼女は本当に幸せで、それは本当に素晴らしいことだ」とドナルドは出産後にピープル誌に語りました。

トランプタワーで育ったバロンは、常に贅沢な生活を知ってきました。

メラニアはペアレンティング誌のインタビューで、バロンが小さな頃に飛行機やヘリコプターが大好きだったことを明かし、彼が手作りの朝食を食べ、昼食を用意するなど、母親として積極的に関わっていたことを述べました。

また、彼の創造性を育むことを大切にし、「彼の想像力は成長するにあたって重要だ」と述べ、「彼が遊び部屋の壁に絵を描いても、塗り直せばいいんです」と自由奔放に育てることを良しとしていたようですね。

バロンの名前の由来

バロンが生まれる前から、ドナルドはこの名前を考えていたようです。

トランプは以前からバロンという名前が好きでしたが、他の息子たちに使う機会がなかったそうです。

メラニアも賛成しましたが、いざ命名するとなるとドナルドは少し躊躇したとのこと。

「これは私がずっと好きだった名前なんだけど、使う勇気がなかったんだ。私はそのアイデアをメラニアに提案したけど、最後にそれを取り消そうとしたら、彼女が『それを取り消すなんてできないわ!私はお腹の中にいる間ずっと彼をバロンと呼んでいたのよ、それを取り消すことなんてできないわ!』って言ったんだ」とドナルドはオプラ・ウィンフリー・ショーで述べています。

トランプの息子の学歴

バロンとメラニアは、ドナルド・トランプが大統領に就任してからほぼ最初の5ヶ月間、バロンがアッパーウエストサイドのコロンビア文法学校で学業を終えるためにトランプタワーに滞在しました。

バロンと母親は2017年6月11日にホワイトハウスに移り、メリーランド州ポトマックのプレスクールであるセント・アンドリューズ・エピスコパル・スクールに通いました。

「私たちは息子がセント・アンドリューズ・エピスコパル・スクールに通うことをとても楽しみにしています。この学校はその多様なコミュニティと学術的優秀さへの取り組みで知られています。セント・アンドリューズの使命は『包括的な教育、学び、奉仕に専念した共同体において、それぞれの子どもを知り、彼らを鼓舞すること』です。学校のすべてが私たちの家族の共感を得ました。私たちはセント・アンドリューズでの学校生活を楽しみにしています」と、メラニアはピープル誌に声明を出しています。

セント・アンドリューズの授業料は、年間約40,000ドルとも言われています。

バロンの入学は、過去のファーストファミリー(オバマ、ブッシュ、クリントンなど)が子供たちをワシントンD.C.とメリーランド州ベセスダにあるクエーカーの私立学校であるサイドウェル・フレンズに通わせていた先例から考えると、異例の選択だったと言えるかもしれません。

ドナルド・トランプの大統領任期が2021年に終了した後は、バロンがフロリダ州パームビーチにあるオックスブリッジ・アカデミーに通うことが明らかになりました。

そこで彼は2024年の卒業生として卒業する予定です。

ホワイトハウスに住んだトランプの息子

バロン・トランプは1963年のジョン・F・ケネディJr.以来、大統領の息子としてホワイトハウスに住んだ経験を持っています。

彼はそこまでメディアに露出することはありませんでしたが、2017年のホワイトハウスのイベントの一部に出席しています。

その中には、4月の年次イースターエッグロールが含まれており、そこで彼は両親と一緒にアメリカ軍のメンバーへのカードにサインをしています。

また、父親のトランプが感謝祭の前に七面鳥を恩赦することを支持。

その直後に母親と共に北玄関に出て、ウィスコンシン州からの公式のクリスマスツリーを受け取り、それはホワイトハウスのブルールームに展示されるという出来事もありました。

トランプの息子の愛称は「リトル・ドナルド」

「彼は外見では私たちの両方の特徴を持っていますが、彼の性格こそが私が彼を『リトル・ドナルド』と呼ぶ理由です」とメラニアはペアレンティング誌に語っています。

「彼はとても強い意志を持ち、非常に特別で賢い少年です。彼は自立していて、自分の意見を持っており、自分が何を望んでいるかを正確に知っています」とも述べています。

また、バロンが父親と多くの濃密な時間を過ごしてきたことにも触れ、主にフロリダ州パームビーチのマララゴでゴルフをしたり、一緒に夕食をとったり、家族との時間を楽しんだとも述べています。

バロンの特技と興味

バロンはスロベニア系の母親のおかげで、すでに英語とスロベニア語の両方が堪能であり、フランス語も学んでいます。

ファミリービジネスへの正式な参加はまだ先ですが、バロンはレゴやマグナタイルを使って都市や空港を建設することが好きなのだとか。

しかし、彼には独自の美学があるようで、「きれいで白いものが好き」とメラニアはペアレンティング誌に語っています。

「彼は大きなプロジェクトを組み立てています。彼の想像力はとても豊かで、非常に印象的です。彼は何かを建てて壊し、また別のものを建てるのが好きです。彼は非常に細かい描写で絵を描きます。私たちはよく旅行しますが、彼は見たすべてのことを覚えているようです」となかなかの親バカなコメントが連発されています。

バロンをめぐるトランプファミリーの面々

ドナルド・トランプ大統領の五人の子供のうち最も若いバロンには、ドン・ジュニア、イヴァンカ、エリックと、マーラ・メイプルズとの結婚から生まれた彼の年上の異母姉妹、ティファニーがいます。

彼には六人の甥がおり、セオドア・ジェームズ・クシュナー、ドナルド・トランプ3世、ジョセフ・フレデリック・クシュナー、トリスタン・ミロス・トランプ、スペンサー・フレデリック・トランプ、エリック・ルーク・トランプ、四人の姪がいます。

アラベラ・ローズ・クシュナー、クロエ・ソフィア・トランプ、カロライナ・ドロシー・トランプ、そして彼よりわずか一歳年下のカイ・マディソン・トランプです。

高身長なトランプの息子がイケメンすぎる

ドナルドが2024年1月にアイオワ州デモインで行った大統領選キャンペーン本部での演説によれば、バロンは既に彼よりも背が高く、身長は6フィート7インチ(約200センチ)もあるのだとか。

ドナルドはバロンの身長を、彼の亡くなった祖母であるメラニアの母アマリヤ・クナヴスが彼のために作っていた食事がよかったのではと語っています。

デイリー・メール誌は、ドナルドが演説中にバロンを「特別な少年」と呼び、次のように付け加えたことを報じています。

「『君はバスケットボール選手になるんだよ』って言ったんだ。彼は『実際にはサッカーが好きだよ、パパ』って言った。そうか・・・君の身長ならバスケットボールの方がいいと思ったけど、何でも思い通りにいくもんじゃないね」

息子の話になると一人に父親であることがわかる言葉でもあると思います。

まだまだ若いバロン・トランプですが、カリスマ性はすでに父親譲りで受け継いでいる感じはします。

将来的に非常に楽しみな人材ではないでしょうか。

百田尚樹がどんな人なのか調査!プロフィールや新党の情報などまとめてみた

タイトルとURLをコピーしました