藤井聡太が育ったおもちゃ、遊んでいた知育玩具が話題! | 日本一のブログ

藤井聡太が育ったおもちゃ、遊んでいた知育玩具が話題!

藤井聡太

藤井聡太さん、日本の若手将棋プレーヤーとして知られる彼が幼少期に親しんだ特別なおもちゃ「キュボロ」が話題になっています。

このスイス製の知育玩具は、木製のキューブ形のブロックを使い、ビー玉がスムーズに下まで転がる道を作るものです。

この玩具の魅力は、そのシンプルさにあります。

電源を必要とせず、子供たちは自らの思考力を使ってビー玉の通り道を構築します。

藤井聡太を魅了したキュボロというおもちゃ

藤井聡太さんは3歳の頃に、このキュボロで遊び始めたといいます。

パーツの効率的な使用や、ビー玉の動きを隠すトンネルの利用などが、空間認識能力の発達に役立っていると言われるおもちゃです。

この遊びを通じて、子供たちは試行錯誤しながら思考力や解決策を見つける喜びを学びます。

積み木や絵本といった基本的な遊びを経験した後、想像力を膨らます延長線上にこのキュボロというおもちゃは有効です。

また、キュボロは障害を持つ子供たちのために1986年にスイスで創業さえれ、ヨーロッパにおける木製玩具の文化の一環を担う企業です。

イメージ

イメージ

キュボロの誕生秘話

創業者のマティアス・エッターさんは、精神的・身体的に障害を持つ子供たちとの仕事の中で、特別なパズルゲーム、簡単な楽器、そして立体的な触感オブジェクトなどの学習支援ツールを開発しました。

こうした中で、キュボロの原型が生まれます。

それは、接続するための溝とトンネルを備えたシンプルな立方体。

子供たちは球を使って、パズルを正しく組み立てることができたかを確認します。

球が通れば、課題は達成されたことになります。

1976年には、すでにCUBOROシステムの基本的なアイデアが存在していました。

論理的思考、試行錯誤、実験、あるいは触感によって答えをさがすという行為が、知育玩具として有効であると彼は早い段階で核心を持っていたようです。

1979年、マティアス・エッターさんは、このシステムをさらに発展させ、木製の最初のプロトタイプを試作。

さまざまな立方体の均衡のとれた組み合わせを見つけようと試み、最初のセットは48個のブロックから成り立っていました。

木製の最初のプロトタイプの試作後、要求にこたえてくれる木工所を探し始め、マティアス・エッターさんは刑務所の作業所に製造を依頼することを決定。

1985年に、彼は「Konstrito」という名前で、このボールトラックシステムを初めてベルンのクリスマス市で販売しました。

そして1986年にキュボロの公式発売と同時に、Nyfeler Holzwaren AG(ニーフェラー木製品)という木工所をパートナーとして見つけ、今日に至るまでここで商品は作られています。

キュボロはスイスのオルナリス見本市に初めて出展するなどして、徐々に知名度をあげていきました。

キュボロが日本で広まった経緯

愛知県では、2005年の愛・地球博を機に、この玩具が広まり始めました。

科学的にも、キュボロは将棋プレーヤーにとって重要な脳の部位を活性化することが、藤井聡太さんが証明した形になるのではないでしょうか。

藤井三冠がキュボロで遊んだ経験は、彼の将棋における思考力や集中力の育成に大きく貢献したと考えられます。

デジタル機器に頼ることなく、手触りや実体験を重視するこの玩具は、藤井家の丁寧な子育て方針とも合致しています。

キュボロは、将棋のような思考を要するゲームに適した能力を育むのに理想的な玩具であると言えるでしょう。

現在は藤井聡太さんが遊んでいたおもちゃとして、さらに注目を集めることになり、小さいお子さんを持つ親御さんがこぞって求める人気商品になっています。

イメージ

知育玩具の効果

知育玩具が子どもの発達に及ぼす影響は計り知れません。

これらの玩具は、従来の学習方法とは異なるアプローチを取り、子どもたちの非認知能力を育てるのに役立ちます。

非認知能力とは、学校の教科書で学ぶ内容とは異なり、思考力や感情の管理、コミュニケーションスキルなど、より幅広い能力を指します。

特に、幼少期の子どもたちは、日々の経験を通じて様々なスキルを獲得します。

知育玩具は、この重要な発達期間中に、子どもたちの創造性や問題解決能力を養うための強力なツールとなります。

学習能力の向上も、知育玩具の利点の一つです。

これらの玩具はしばしば言葉や数学的な概念を取り入れており、子どもたちは遊びながらこれらの要素に触れ、知的好奇心を刺激します。

知育玩具の使用はまた、子どもの知能指数の向上に貢献すると考えられています。

知能指数は、知識量だけでなく、問題解決能力や記憶力などを含む複合的な指標です。

子どもが幼い時期に適切な知育玩具を使用することで、これらの能力が育成されます。

集中力と思考力は、知育玩具を使用することで自然と養われる能力です。

子どもたちは好奇心を刺激する玩具に自然と没頭し、その過程で集中力を高めることができます。

また、パズルや積み木のような玩具は、子どもが論理的思考を発展させるのを助けます。

想像力と創造力も、知育玩具を通じて育まれます。

子どもたちは、玩具を使用して様々なシナリオを想像し、それを現実のものとして形成する能力を養います。

また、知育玩具は空間認識能力や巧緻性の発展にも寄与します。

子どもたちは玩具を使って、空間や形の理解を深め、手先の技術を磨くことができます。

最終的に、これらの玩具は子どもたちの全面的な人格形成に貢献します。

幼少期に多くの刺激を経験することは、子どもたちの成長において不可欠です。

知育玩具は、子どもたちが潜在能力を最大限に発揮するための環境を提供してくれるおもちゃと言えます。

藤井聡太の経歴

  • 生年月日: 2002年7月19日(21歳)
  • プロ入り年月日: 2016年10月1日(14歳)
  • 出身地: 愛知県瀬戸市
  • 所属: 日本将棋連盟(関西)
  • 師匠: 杉本昌隆八段
  • 保持タイトル: 竜王・名人・王位・叡王・王座・棋王・王将・棋聖
  • 段位: 九段
  • 棋士番号: 307
  • 戦績: タイトル獲得合計19期、一般棋戦優勝回数10回(2023年11月19日現在)

藤井聡太さんは、プロ入り後、無敗で公式戦最多連勝の新記録(29連勝)を樹立し、多くの最年少記録を塗り替えました。

また、史上初の八冠独占、史上初の6年連続での年度勝率8割以上、タイトル戦番勝負における初登場からの連続獲得で歴代1位の19回、史上初の一般棋戦年間グランドスラムなど、数多くの記録を残しています。

彼のデビューからの29連勝などは各メディアが広く取り上げ、大きな話題になりました。

藤井さんの活躍により将棋ブームが起こり、「藤井フィーバー」とまで呼ばれる社会現象的な人気を博しています。

ポールシフトとは?いつ起こるのか、その影響やどうなるかをまとめてみた

タイトルとURLをコピーしました