平成フラミンゴが炎上した理由は何?コムドットとの騒動などまとめてみた | 日本一のブログ

平成フラミンゴが炎上した理由は何?コムドットとの騒動などまとめてみた

平成フラミンゴ

平成フラミンゴは、NICOとRIHO、二人の女性によって構成されるユニットです。

彼女たちは幼少期からの親友であり、その絆は小学1年生の頃にさかのぼります。

2020年4月3日、彼女たちは自身の経験と特有の化学反応を活かしてYouTubeデビューを果たし、「幼なじみコンビの結婚できない女たち!」というタイトルの動画で注目を集めました。

彼女たちのチャンネルが支持される理由の一つに、視聴者との親密な関係構築があります。

この点は他の多くのチャンネルと比較しても際立っており、ファン同士のコミュニケーションも非常に盛んです。

平成フラミンゴの人気は、加速度的に成長を遂げ、2021年には登録者数100万人を突破。

その勢いは止まることを知らず、2021年末には200万人、翌2022年夏には300万人という大台を次々と超え、2024年初頭には354万人の登録者を誇ります。

YouTubeの枠を超えて、ファッションやお笑いの分野でも活躍している平成フラミンゴは、関西コレクションや東京ガールズコレクションに出演し、お笑いのコンテストにも挑戦するほど。

また、テレビCMやAbemaTVでのレギュラー出演など、彼女たちの活躍の場は多岐にわたります。

2023年末には、音楽界にもその才能を伸ばし、「スーパーヒロイン」という楽曲で歌手デビューも飾っています。

ファンとの距離感を大切にし、登録者数を「ご来店」と表現する彼女たちの姿勢は、多くの支持を集めています。

さらに、平成フラミンゴのマネージャーが運営するサブチャンネルでは、裏話や未公開シーンが公開され、ファンとの絆を深めています。

一方で平成フラミンゴは炎上も度々起こしていて、話題には事欠かない存在。

以下、平成フラミンゴの炎上騒動や活動休止の真相などをまとめていきたいと思います。

平成フラミンゴの炎上について

平成フラミンゴの炎上事案は、2023年夏にSNSや動画プラットフォームを中心に大きな話題を集めました。

この騒動の中心には、人気YouTubeグループであるコムドットと平成フラミンゴがあり、争点となったのは「Creator Dream Fes」というイベントに関連する一連の出来事でした。

この炎上騒動の経緯と双方の主張を詳細に追いかけてみましょう。

事の発端

炎上の発端は、コムドットが「Creator Dream Fes」に関連して平成フラミンゴに対して行った出演依頼でした。

このイベントはABEMA(サイバーエージェント)によって運営されており、コムドットのリーダー、やまとさんが総合プロデューサーに任命されていました。

平成フラミンゴは、イベントへのゲスト出演者として招待される形で関わっていました。

炎上の詳細

炎上騒動はいくつかのステージを経てエスカレートしました。

最初の火種は、コムドットが平成フラミンゴへの出演依頼を「突然のドッキリ」として動画にしたことでした。

平成フラミンゴはこの動画で出演を了承したものの、その後の展開で問題が発生します。

動画内ではOKを出したものの、詳細については聞かされていなかったので、事務所間でのやりとりを待っていたところに、コムドットが一方的に出演決定の動画を公開してしまうというトラブルが発生したということです。

平成フラミンゴの出演キャンセル

イベントの運営から平成フラミンゴの出演が不可能になったと公表されたのは、その数週間後のことでした。

平成フラミンゴは出演見送りの決定と、それに伴うファンへの返金対応について説明する動画を公開しました。

キャンセルの理由は以下の通り。

  • 事務所に正式オファーの後に動画公開という約束を破られた。
  • 歌のパフォーマンス依頼もついてきたが急すぎて対応ができない。
  • 歌以外での出演を打診するも断られる。
  • 全員での話し合いを提案するもクリエイター間の接触を運営側に止められる。

このような行き違いが原因で、平成フラミンゴ目当ての客には返金対応すると発言するにいたったようです。

コムドットの反応

一方、コムドットはこの問題に関して当初沈黙を守っていましたが、やまとさんの批判的なTweetを経て、7月1日には「CDFについて」というタイトルの動画を公開し、炎上はさらに加速しました。

やまとさんが発信したTweetは、平成フラミンゴ宛てで、これはコムドットメンバー全員の共通の見解を反映したものであると動画では、この一致した見解を解説しています。

平成フラミンゴによる動画が公に誤った印象を与えたと考えられており、その内容の修正を依頼したものの、受け入れられなかたっと彼らは主張。

クリエイター間でのやり取りが禁止されているわけでもなく、話し合いを進めたかったにも関わらず、4社による協議を行うよう要求されたと発言しています。

やりとりのメールや音声の形で証拠は保持しているが、平成フラミンゴを不利にしたくないため、絶対必要な状況にならない限り公開するつもりはないという発言もあります。

同情を引くことや平成フラミンゴを非難することが目的でないことを強調しつつ、イベント自体については、継続していくことを宣言しました。

コムドットはこの騒動で、登録者が二万人以上減り、活動休止に追い込まれるまでになりました。

双方の主張と問題点

平成フラミンゴは、イベント出演を巡る一連の問題について、自らの視点から説明しました。

主な問題点としては、出演依頼の不透明な手続き、イベント運営とのコミュニケーション不足、そしてイベント出演を巡る事前の合意不足などが挙げられます。

彼女らは、ファンへの責任を果たすために、これらの問題について公開動画で語りました。

コムドット側は、平成フラミンゴが公にした情報によって彼らに不利な誤解が生じたと感じているようですが、その誤解が具体的に何であるか、また、それをどう訂正してほしいのかについては明らかにされていません。

やまとさんは、平成フラミンゴとの直接的なコミュニケーションが運営から制限されていたと指摘していますが、平成フラミンゴはそのような制限があったことを認めつつも、問題解決のための適切な手段を模索していたと主張しています。

この炎上騒動は、主にコミュニケーション不足と誤解から引き起こされたものであり、双方が直接対話し、誤解を解消することが最善の解決策であったかもしれません。

しかし、公になった情報だけからは、真の誤解の内容や、それをどのように解消すべきかについては依然として不明です。

ネット上では平成フラミンゴの炎上と誤解されがちですが、どちらかというとコムドットの炎上ということの方が正しいのかもしれません。

平成フラミンゴの炎上:引退騒動

2021年8月、平成フラミンゴは引退宣言をして問題となりました。

彼らは公開した動画で、「もし8月末までにチャンネル登録者数が50万人に達しなければ、引退する」という宣言をしました。

この宣言は即座にSNSを中心に大きな波紋を呼び、ファンからは引退を懸念する声が多数上がり、炎上状態に陥りました。

翌日、平成フラミンゴは別の動画を公開し、ファンを不安にさせたことに対して謝罪。

この一連の出来事にも関わらず、ファンの熱い支持により、目標としていた「チャンネル登録者数50万人」を8月上旬に達成することができました。

多くのファンが「引退してほしくない」という気持ちから、積極的に平成フラミンゴの動画視聴やチャンネル登録を呼びかけた結果です。

ただし、この引退宣言は賛否両論を呼びました。

一部からは、「視聴者を数字でしか見ていない」「引退をちらつかせることで視聴者を引きつけようとしている」といった批判的な声が挙がりました。

引退をエサに登録者数を伸ばそうとしたことへの批判は仕方がないかもしれませんね。

多くのファンが協力し、拡散されていった経緯があります。

沖縄のホテルでの炎上事件

平成フラミンゴが沖縄の高級宿泊施設「GLAMDAY VILLA OKINAWA 中村邸」での滞在中に振る舞ったマナーが物議を醸し、炎上に発展した事件があります。

このホテルはその豪華さで知られ、一日に一組のみが宿泊できる独特のプライバシーを提供する場所です。

炎上の火種となった動画では、二人が寝起きで朝食を摂る様子が捉えられていますが、その時のテンションが非常に低く、やや不機嫌な印象を受けるやりとりが展開されました。

朝食の紹介をするスタッフに対しても、あいまいな返答を繰り返し、食べる手も進まない様子を見せる二人。

特に物議を醸したのは、スタッフが退室した後に二人が口にした、「そそられない」「和食が良かった」といった発言です。

これらのコメントは、提供された食事やスタッフ、そしてシェフへの配慮が欠けているとして、視聴者からの批判を招きました。

平成フラミンゴが洋食よりも和食を望んでいた可能性はありますが、公の場での彼らの発言には、彼女らの影響力を考慮すればより慎重さが求められるとの声が上がりました。

正直な感想を述べること自体は問題ではありませんが、影響力のあるインフルエンサーとしての自覚と、その場にいた人々への敬意を持つことが重要であると、多くの人が指摘しています。

中町綾との騒動

2021年6月には、平成フラミンゴとYoutuber中町綾とのコラボレーションが、ある出来事をきっかけに騒動となりました。

この時、彼らはサーティワンアイスクリームの人気フレーバーである「ポッピングシャワー」を賭けてじゃんけんゲームを行いました。

じゃんけんに敗れた中町綾は、ゲームの結果を受け入れた直後に、「ポッピングシャワー以外は食べられない」という予想外の発言を。

この突然のカミングアウトが原因で、中町綾に対して批判が集まり、一時的に炎上する事態となりました。

批判の主な内容は、「じゃんけんで敗れた後にそのような発言をするのは不公平だ」というものでした。

炎上後、平成フラミンゴと中町綾は再びコラボレーション動画を制作。

その中で、平成フラミンゴの二人はこの騒動について「特に気にしていなかった」と明かし、彼らの間では問題がなかったことを強調しました。

プチ炎上させて再生回数を得て、その後謝罪動画でさらに伸ばすというユーチューバーのよくある手法のような気もします。

実際は普通にネタとしてみているファンの方が多かったのかもしれません。

平成フラミンゴの炎上に関するまとめ

平成フラミンゴの炎上に関しては、直接的なものと間接的なものとわかれています。

必ずしも彼女らに非があるということでもなく、流れ弾に当たったようなものもあれば、話題作りの意図的なものもあるように感じます。

体調不良や喧嘩を理由に活動休止していた時期もありましたが、現在も元気に動画を更新し安定した人気を誇っています。

ユーチューバーにとって「炎上」はある意味人気のバロメーターでもあります。

今後も平成フラミンゴの炎上については起きる可能性大といっていいと思いますが、真に受ければそれだけ彼女らの思うつぼという一面もあるかと思います。

良い意味でも悪い意味でも、平成フラミンゴの言動には注目が集まっていくのではないでしょうか。

吉住の結婚や旦那(夫)の情報は?交際歴や相方のことなどまとめてみた

 

タイトルとURLをコピーしました