落合陽一の病気について、緑内障やADHDについてまとめてみた | 日本一のブログ

落合陽一の病気について、緑内障やADHDについてまとめてみた

落合陽一

落合陽一(おちあいよういち)は、1987年9月16日生まれの日本を代表する研究者、メディアアーティスト、そして起業家です。

彼は筑波大学で准教授を務めるとともに、デジタルネイチャー開発研究センターのセンター長の役割も担っています。

さらに、京都市立芸術大学や金沢美術工芸大学で客員教授としても活躍しており、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の代表取締役としても知られています。

彼の活動範囲は広く、未踏スーパークリエータや未踏PM、一般社団法人未踏の理事を務めるなど、情報技術の推進にも貢献しています。

落合氏は、東京都出身で、国際ジャーナリストである落合信彦を父に持ちます。

教育の面では、開成高等学校を経て、筑波大学情報学群に入学し、その後東京大学大学院で学際情報学を専攻しました。

彼は、学際情報学府での短縮修了者としても注目されています。

起業家としての彼の道のりは、Pixie Dust Technologies, Inc.およびジセカイ株式会社の創業に始まります。

これらの企業を通じて、彼はテクノロジーとアートの融合による新しい価値の創造を目指しています。

特にピクシーダストテクノロジーズは、波動制御技術に特化したスタートアップとして、2023年には米ナスダック市場に上場するという大きな成果を達成しました。

落合氏は、デジタル技術と社会の未来に関するビジョナリーとしても認識されており、ムーンショット型研究開発制度や2025年日本国際博覧会のシグネチャー事業プロデューサーなど、多岐にわたるプロジェクトに関わっています。

また、デジタル改革関連法案WGの構成員や世界経済フォーラムのヤンググローバルリーダーズの一員としても活動しています。

落合陽一の病気について

落合陽一氏の病気についてネットではいくつか情報が錯そうしているのでまとめていきたいと思います。

まず彼自身の病気と、彼の子供の病気についてと大きく二つにわかれているので順を追ってみていきます。

落合陽一の緑内障について

落合陽一氏は、自分のTwitterで「縁内障」という病気の検査にひっかかったと述べています。

「縁内障」とは、眼圧が異常に高まることで視神経に障害が生じ、結果として視野が狭くなったり、部分的に視界が失われたりする状態を指します。

この状況は、睡眠不足が原因で目に悪影響を及ぼしている可能性があります。

ひろゆき氏が彼の病状を心配する投稿をあげたことがありますが、これに対して本人はデマであると否定しています。

ただ緑内障の検査にひっかかるとという投稿を落合氏が過去にしているのは確かで、この「デマ」というのがひろゆき氏の指摘する大きな病気というワードに対してのものなのか、やりとりが短いだけに少しはっきりしない部分はあります。

落合陽一はADHD?

また、落合氏については、ADHD(注意欠如・多動症)の特徴が見られるとよく言われています。

彼は得意なことには非常に秀でており、一方で苦手なことははっきりと苦手としています。

彼の部屋はいつも散らかっており、衝動的な行動や怒りによって物を壊すことがしばしばあるのだとか。

例えば、プログラムのコンパイルがうまくいかないと、MacBookを殴ることもあるようです。

また、衝動的な買い物で数えきれないほどのレンズやカメラを購入し、その忘れっぽさから社会に迷惑をかけないように日々努力しているとのこと。

さらに、彼は常に躁鬱の傾向があるとも述べられています。

しかし、落合氏自身はADHDであるとは考えていないようです。彼の行動や性格の特徴は、確かにADHDに関連するものと見ることができますが、本人の自認は異なるようです。

彼の多面的な才能と個性は、多くの人々に影響を与え、興味を引き続けています。

noteでは否定しつつも、タイトルには 「衝動性・多動性と物忘れと様々なこととどう向き合っていくか」と記しているので、どこかで認めている部分もあるのかもしれませんね。

落合陽一の子供の病気について

落合陽一氏には息子がおり、息子さんは口唇口蓋裂という状態を持っていることが公にされています。

口唇口蓋裂は、顔の発達過程で、通常は癒合するはずの顔の一部が適切に結合しないために生じる障害です。

この結果、唇から鼻にかけての領域に裂け目が生じることがあります。

この状態は、医療的な介入によって改善することが可能であり、多くの場合、手術によって見た目や機能の大きな改善が期待できます。

落合さんの息子さんがこのような状態を持っていることを公表することは、口唇口蓋裂を持つ子どもを持つ親御さんたちへの大きな支援となり得ます。

それは、同じ状況に直面している家族が自分たちだけではないと感じることができ、また、この状態に対する理解や認識を社会全体で高めるきっかけにもなります。

落合氏の奥様についての詳細は公にされていないため、彼女に関する情報は限られています。

しかし、彼のような公の人物が家族に関する個人的な情報を共有する際には、それが他の人々にとってどのような意味を持つかを考慮していることでしょう。

息子さんの状態について公にすることで、落合氏は口唇口蓋裂に関する認識を広め、支援が必要な家族に対する理解を深めることに貢献していると思います。

口唇口蓋裂は、胎児期の顔の一部が正常に結合しないために生じる先天的な異常です。

これは、口唇(唇)、口蓋(上あご)、またはその両方に影響を及ぼすことがあります。

口唇裂は唇に一つまたは二つの切れ目ができる状態で、一方、口蓋裂は上あごの硬い部分や軟らかい部分に開口部が生じることを指します。

これらの状態は、単独であることも、組み合わさっていることもあります。

口唇口蓋裂の原因は多岐にわたり、遺伝的要因や妊娠中の母親の環境要因(例えば、特定の薬の摂取や喫煙など)が関与すると考えられています。

治療は主に手術によるもので、生まれてから数ヶ月以内に口唇裂の修正手術が行われることが一般的です。

口蓋裂の場合は、通常生後9〜18ヶ月頃に手術が行われ、手術後には、発音や食事、呼吸に関する問題を改善するための追加的な治療やサポートが必要になることがあります。

落合陽一の食生活を心配する声

落合陽一氏が、バラエティ番組『有吉反省会』に出演し、日常の食生活に関するユニークな習慣を明かしたことがあります。

落合氏は、筑波大学の准

彼の食生活には、湯を使わないカップ麺や生のコーヒー豆を好むといった、一般的には理解しがたい習慣が含まれています。

これらの食習慣は、食事にかかる時間を短縮し、研究に集中するための工夫から来ていると説明しています。

さらに、外食時には炭水化物を避けるためにライスなしでカレーを注文するなど、特有のこだわりを持っています。

また、彼はグミを「人類史上最高の食べ物」と称賛し、主食のようにしていますが、プチトマトに対しては強い嫌悪感を示すという一面も。

番組では、落合さんの食生活について精神科医から「異食症」という分析がなされ、幼少期の経験が現在の食習慣に影響を与えている可能性が指摘されました。

このような独特な生活スタイルに、彼の健康面を心配する声は耐えないようです。

タイトルとURLをコピーしました