シェアオフィスがおすすめな人!注意点や選び方などまとめてみた | 日本一のブログ

シェアオフィスがおすすめな人!注意点や選び方などまとめてみた

シェアオフィス

シェアオフィスとは

シェアオフィスは、複数の企業や個人が共有して利用するオフィスのことを指します。

この形式では、一つの広いスペースをいくつかの異なる企業やビジネスオーナーが共同で使用し、各自が独立して作業を行います。

英語では「Shared-Office」として知られています。

このシェアオフィスの大きな利点は、オフィス運営に必要な初期費用を大幅に減少させることができる点にあります。

ここ数年、リモートワークを導入する企業が増え、オフィスの概念自体が変化しています。

オフィス運営のコスト削減に効果的なシェアオフィスは、新しい働き方の選択肢として注目されています。

シェアオフィスに対する関心が高まったのは近年のことですが、その基本的なアイデアは以前から存在していました。

例えば、弁護士やデザイナーなどは、共同オフィススペースを借りることが一般的でした。

彼らは同じ空間内で独立したオフィスを構えることにより、オフィス運営のコストを減らしていました。

ただし、最近ではカーシェアリングなどの「シェアリング経済」が世界的なトレンドになっており、この流れの中で「シェアオフィス」という用語がよく用いられるようになっています。

将来的にはさらに多くの企業がシェアオフィスの利用を検討することが予想されています。

サテライトオフィスとの違い

サテライトオフィスは、企業の主要な拠点から離れた場所に設置されたオフィスを指します。

これらは、本社がある中心地から離れた場所に位置するため、英語で「衛星」を意味する「Satellite」と称されています。

サテライトオフィスに対する注目が高まっている背景には、総務省が推進する地方創生があります。

これは、東京や大阪などの大都市部への集中を防ぎ、地方での雇用創出や産業振興を図るための施策です。

シェアオフィスとサテライトオフィスの主な違いは、本社や主要な事業所が存在するかどうかにあります。

シェアオフィスは、オフィス運営費の削減を目的として、補助的なオフィスや主要な事業所として利用されることが多いです。

一方、サテライトオフィスは、主要な事業所から独立した場所に設置され、低予算で事業展開を行うことや、地方の才能ある人材の獲得を目的としています。

ただし、設置する地域や業種によっては、サテライトオフィスの目的を十分に果たせない場合もあるので注意が必要です。

バーチャルオフィスとの違い

バーチャルオフィスとは、インターネット上で構築されるオフィスを指します。

この形態では、実際の机や椅子などの物理的なオフィス設備は提供されず、事業の住所や電話番号のみがレンタルされます。

特に個人事業主や新興企業にとって、オフィスのコストを削減し、また法人登記のために使用されることが多いです。

利用料金はサービスによって異なりますが、一般的には月額約5,000円から10,000円程度で利用できることが多いです。

これに対してサテライトオフィスは、実際の物理的なオフィススペースを持っています。

サテライトオフィスは、地方の経済活性化や地域における事業の拡大を目的として設置されることが多いのに対し、バーチャルオフィスは主に事業活動のための住所確保に焦点を当てています。

これらの相違点を理解し、企業の目的に合わせたオフィス選択が重要です。

コワーキングスペースとの違い

シェアオフィスと同様に、職場を共有する概念として「コワーキングスペース」が存在します。

この二つは基本的に職場共有という点で共通していますが、コワーキングスペースは主に「スペースの共有」に注力しており、利用者は利用可能なデスクを自由に使うことができるというのが一般的なイメージです。

コワーキングスペースの主な目的は、自由に働くことができる空間の提供にあります。

一方で、企業や個人が自由にカスタマイズできるオフィススペースを提供することはあまりありません。

その結果、コワーキングスペースはシェアオフィスに比べて利用できる自由度が低めに設定されています。

シェアオフィス

シェアオフィスの優位点

シェアオフィスが多くの関心を集めていますが、その理由となるメリットは以下の通りです。

月々のコストを低減できる

シェアオフィスは、スペース単位の価格が高い傾向にありますが、必要なスペースだけを契約することで無駄を減らし、月額費用を下げることができます。

共用の会議室や談話室などを有効活用することで、固定費の削減にも繋がります。

初期投資が少なくて済む

シェアオフィスを利用することで、一般的なオフィスに比べて初期費用を抑制できます。

敷金や礼金が比較的低価格に設定されていることが多く、共有のプリンターや簡易キッチンなども完備されているため、設備や備品の購入費用を節約できます。

多くの場合、デスクや椅子も用意されています。

法人登記や住所の使用ができる

法人登記が行えるシェアオフィスも存在します。

企業が都市部の住所を利用してブランド力を向上させたい場合には大きな利点となります。

また、宅配便の受取やビジネスの基盤としての利用も可能です。

オフィスのサイズ変更が容易

事業の拡大や縮小に伴って、オフィスのサイズを変更する必要が生じる場合があります。

シェアオフィスでは、人数に応じてオフィスの広さを柔軟に調整することが可能です。

シェアオフィス選定の際のポイント

シェアオフィスを選定する際の重要な5つの基準を以下に挙げます。

地理的な位置を基準に選ぶ

営業が主な業務で頻繁に外出する必要がある場合は、アクセスの良い立地のシェアオフィスを優先的に選ぶべきです。

人気のあるエリアのシェアオフィスは、使用料が高い傾向があります。

価格面で適切なオフィスを選ぶ

シェアオフィスの料金体系は様々です。

固定費の大きな割合を占めるオフィス賃料については、予算に合った範囲で選択することが重要です。

適切な規模で選ぶ

シェアオフィスは限られたスペースを有効に使うことでコストを削減しますが、狭すぎると作業効率が低下する恐れがあります。

共用スペースの広さや設備もチェックすることが大切です。

利用可能な設備やサービスを考慮する

各シェアオフィスには、利用できる設備やサービスが異なります。

自社のニーズに合った設備やサービスを備えたオフィスを選ぶことが肝要です。

セキュリティの面から選ぶ

複数の企業が共有するシェアオフィスではセキュリティが懸念されます。

印刷のセキュリティ、デスクの配置、専用オフィスエリアの利用など、セキュリティ対策が整ったオフィスを選ぶことが推奨されます。

シェアオフィスがおすすめな人

シェアオフィスの活用が適しているのは、個人事業主、新進気鋭のスタートアップ、新規事業を立ち上げる企業などです。

しかし、リモートワークの普及に伴い、大規模企業や本社機能をシェアオフィスへ移転する企業も増加しています。

顧客からの信用を高めるために、自宅以外にオフィススペースが必要な個人事業主にとって、シェアオフィスは一人でも利用でき、少ないコストでオフィス環境を確保できるため適しています。

また、初期投資をなるべく抑えたいスタートアップ企業にもおすすめです。通常の賃貸オフィスでは礼金や敷金で数か月分の家賃が必要ですし、内装費や退去時の原状復帰費用なども考慮する必要があります。

シェアオフィスなら、初期費用が抑えられる上、固定費が明確なため、資金の管理や計画の立案も容易になります。

新しい事業を始める企業やベンチャー企業にとっても、シェアオフィスは適切な選択肢です。

事業が上手くいかなかった場合の撤退や規模縮小が、柔軟に対応できる点が魅力です。

大企業においても、異業種との交流やオープンイノベーションを実現する場として、シェアオフィスは大きな機会を提供します。

共用スペースの活用やシェアオフィスで開催されるイベントを通じて、新たな出会いを期待できます。

リモートワークとオフィス勤務を組み合わせた働き方を採用する企業にとっては、本社機能をシェアオフィスに移転することが大きな利点となります。

従業員に働く場所の選択肢を提供することで、より働きやすい環境を整え、モチベーションの向上や離職率の低減を実現できます。

また、出社率に応じたスペースの利用により、無駄なスペースに対するコストも削減できます。

コワーキングスペース・レンタルオフィスを探すならHub Spaces(ハブスペ)
全国の様々な形態のシェアオフィスを手軽に探せるポータルサイトです。エリア、月額金額、個室、キーワード検索など条件を入力することで、条件にぴったりのオフィスを検索ができます。オフィス紹介ページには、他の方の利用者の口コミも掲載されています。

 

 

トヨタ潰し失敗の裏側、全個体電池で無双状態!

タイトルとURLをコピーしました