ウタエルの正体は何者?嫌い、やばいと話題 | 日本一のブログ

ウタエルの正体は何者?嫌い、やばいと話題

ウタエル

ウタエルは、シバターがプロデュースするYouTuberです。

彼の特徴は、歌を通じて相手に対して皮肉や批判を込めた内容を表現するスタイルです。

この独特のアプローチは、基本的にシバターの監修のもとで行われていると言われています。

外見に関しては、人気YouTuberのラファエルに似ていますが、ウタエルは額に「歌」という文字を入れており、ラファエルが着用するグレーのパーカーとは異なり、ウタエルは白いパーカーを選んでいます。

ウタエルはラファエルとは別人!

ウタエルは、シバターのYouTubeチャンネルのオープニングやエンディングの楽曲の作詞作曲も手掛けており、その才能を多方面で発揮しています。

また、彼にはハモレルという相方がおり、二人は共に活動をしています。

ウタエルの作品は、独自のスタイルと表現力で多くの視聴者を魅了し続けています。

ウタエル誕生の経緯

ウタエルは、シバターによってプロデュースされたYouTuberで、時事ネタや芸能人、他のユーチューバーを題材にした替え歌や、オリジナルの楽曲を披露して徐々に人気を集めています。

外見がラファエルに似ているという声もありますが、その実力は見た目だけに留まらず、彼の歌唱力は非常に高く、日頃から練習を重ねていることが伺えます。

活動当初は、週に3回の動画配信で、その替え歌で注目を集めました。

YouTubeチャンネルを開設した当初は人気が出なかったウタエルですが、2017年にシバターのコンサルティングを受け、シバターが公にウタエルのコンサルをしていることを公表したことで、登録者数や動画再生回数が増加しました。

シバターからの提案でラファエル風の仮面をつけるようになったのも、親しみやすいキャラクターで視聴者の関心を引くためでした。

ウタエルの正体

ウタエルの正体は、宮城県のローカルバンド「イセイジン」に所属する「ダブル佐藤さん」ということがファンの間では広く知られています。

彼の歌声を聞けば、その事実を確信することができます。ウタエルとしてのプロフィールは公開されていませんが、実際には彼の本名や背景がファンには明らかになっています。

ウタエルの本名は佐藤秀明で、1982年10月10日生まれの宮城県仙台市出身。

彼はユーチューバーだけでなく、劇団員やバンドマンとしても活動しています。

ウタエルの名前の由来については明確ではありませんが、芸術や音楽を司る天使「ウリエル」から着想を得た可能性があります。

これは、ラファエルという名前の天使が存在することとも関連しているかもしれません。

ウタエルの学生時代

ウタエルは、小学生時代をおばあちゃんの家で過ごすことが多く、その体験を基にした「あるある」を歌にしています。

年始にはお餅を食べ続けたり、家族でリモコン争奪戦を繰り広げたりする様子を、楽しく歌詞にしています。特にお年玉を楽しみにしていたことが歌から伝わってきます。

中学時代には数学が苦手だったエピソードも、彼の替え歌から明らかになります。

「なんでだろう」というフレーズを使った替え歌では、数学の問題に対する疑問を面白おかしく表現しており、多くの人から共感を得ています。

この動画は8000以上の高評価を集めるほどの人気となりました。

高校時代は受験勉強に苦労していたようで、その経験をもとに受験期のあるあるを歌にしています。

夏休みのだらだらした日々や、勉強によるストレスでニキビができたことなど、多くの受験生が共感できる内容を歌っています。

ウタエルは東北大学に入学し、2005年に卒業しています。

大学時代は劇団ニホンジンプロジェクトに所属し、ダブル佐藤という名前でボーカル兼サウンドディレクターとして活動していました。

この時期の経験が、現在のYouTubeでの活動の原点となっているようですね。

ウタエルが嫌い、やばいの真相

ウタエルで検索すると「嫌い」であるとか「やばい」といったネガティブなワードがついてまわります。

これは一体どういう意味なのでしょうか。

まず「嫌い」というのは、彼があげている動画に対するもの。

替え歌にあわせて、有名人をネタにおもしろおかしくいじっているので、該当するファンからすると気持ちよくないということなのかと思います。

また単純に人気ユーチューバーという立場から、ねたみのようなアンチはどうしても湧いてくるのではないでしょうか。

なにかと賛否あるシバターのプロデュースというのが気に入らない人も多いかもしれません。

では「やばい」は何かというと、これは彼の上げている動画のタイトルにここ最近は、ほとんが「超絶悲惨な〇〇やばい」であるとか、「行方不明の〇〇やばい」といった感じで必ず「やばい」がついていることが原因かと思います。

時事ネタに絡めて芸能人などを揶揄する感じの意味での「やばい」という使い方なので、決していい意味で使っているのではないことがわかります。

ジャニーズやコムドット、あやなんなど、炎上している事案をネタにすることが多い分、評価が分かれるということでしょうか。

ユーチューブの音楽の急上昇にあがってきてしまうほどの注目度。 

まとめ

ウタエルは替え歌をメインに活動しているユーチューバーのことであることがわかりました。

以前のような更新頻度ではありませんが、まだまだコンスタントに50万超えの再生回数をたたき出している人気ユーチューバーの一人といえます。

ただこれをこの先もずっと続けていくのはなかなか大変だと思います。

ウタエルがどこまで今の路線で活動していくのか、何か新しい企画などで変化してくるのか、注目すべきポイントではないでしょうか。

平成フラミンゴが炎上した理由は何?コムドットとの騒動などまとめてみた

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました